小児歯科

「小児歯科なら大熊歯科医院」こう言われるにはワケがあります

小児歯科

歯科医院には、小児歯科というお子さんの歯を専門に治療する科目があります。大人と子どもでは、歯の治療方針に関して異なる部分があります。小児歯科は大熊歯科医院の最もこだわっている診療科の1つで、当院には多くの子どもと親御様が通院なさっています。

「小児歯科なら大熊歯科医院だよね」北上尾には多くの小児歯科がございますが、多くの方にこうおっしゃっていただいております。当院の小児歯科が北上尾の歯医者の中で評判な4つの理由をご紹介します。

  • ①小児歯科特化型キッズクラブ

    歯科キッズクラブ当院ではキッズクラブといい、0歳~12歳までの子どもを対象に、子どもの歯を守ることに特化した小児歯科クラブを行なっております。「お口の成長アルバム」など、楽しく健康になる仕組みがたくさん!(キッズクラブについて詳しくはこちらから

  • ②キッズコーナー完備

    キッズコーナー完備の歯医者待合室横に広々キッズスペースを設けておりますので、子どもも楽しく通院できますし、じっと待つ必要はありません。また、診療室内にもキッズコーナー設けておりますので、治療中のママの隣で遊べます(キッズコーナーについて詳しくはこちらから )。

  • ③痛くない治療「無痛治療」対応

    子どもの無痛治療子どもは特に痛みに敏感です。痛みにガマンできずに治療が進まないというお話しもたまに聞きますが、ご安心ください。当院対応の歯科無痛治療により、ほぼ痛みを感じずに治療ができます。(無痛治療について詳しくはこちら

  • ④大型駐車場、駐輪場で親子通院に便利

    大型駐車場親子で通院される方は、車通院、自転車通院の方が多いです。当院はクリニック前に駐車場9台、駐輪場もご用意しておりますので、車通院、自転車通院に大変便利です。「親子で通う通いやすさ」も通院するにはとても大切なことですよね。

歯医者嫌いの子どもを減らすために

小児歯科

悪くなった部分を削り、金属やプラスチックの詰め物を入れるという歯科治療の基本的な方法には、大人と子どもで違いはありません。しかし、そこに入る前の段階が異なります。具体的には、小児歯科ではお子さんが歯医者嫌いにならない取り組みを行っているのです。ここでは、当院が行っているいくつかの取り組みをご紹介します。

  • ①歯医者さんに慣れてもらうことが第一

    小児歯科当院では、初めて来院されたお子さんにすぐ治療を行うことは基本的にありません。まずは、お子さんが歯科医院に慣れてもらうことを大切にしています。

    歯科医院内には、消毒液の匂いがあったり、歯を削る音があったりなど、お子さんが警戒してしまうものがたくさんあります。ですから、使う道具をさわってもらったり、ゆっくりと話しをしたりすることで、お子さんの緊張をやわらげることが大切なのです。

  • ②治療内容をお子様にも理解してもらう

    小児歯科お子様が実際に受けることになる治療に関して、お子様にも可能な限り理解してもらうようにしています。

    相手が子どもだと、説明しても理解してもらえないとあきらめている歯科医師もいます。しかし実際はそうではありません。わかりやすい言葉でていねいに説明すれば、子どもたちも理解でき、前向きに治療を受けてくれるのです。当院では、そのための努力を惜しみません。

  • ③親御さんにも立ち会ってもらう

    親子同席お子様の治療を行うときには、できる限り親御さんにも立ち会っていただくようにしています。親御さんも立ち会っていただくことで、お子様が受けている治療に関する知識をつけていただきたいと考えています。

    歯科医院から一歩外に出ると、お子さんの歯を守れるのは親御さんだけになります。ですから、治療の目的や、日常生活で気をつけるべき点に関して、親御さんにも学んでいただきたいと思います。

  • ④「小児矯正」という考え方

    咬合誘導(アゴの誘導)小児歯科の中で最も重要なのが、「小児矯正」です。小児矯正はお子様のアゴの骨の成長に合わせて、アゴの大きさを適切な大きさまでよって誘導する処置のことです。歯の矯正が目的ではありません。

    近年はアゴの小さすぎる小児が増えており、これによりいびきや鼻炎、小児喘息が増えいます。アゴの骨の拡大を行うことでこれらを改善できる可能性があります。(小児矯正について詳しくはこちらから

虫歯菌から子どもを守るための2つの方法

虫歯を防ぐ

虫歯は、虫歯菌が感染することによって起こります。ですから、虫歯を予防するためには、原因である虫歯菌からお子さんを守ることが重要です。具体的に、虫歯菌からお子さんを守るための2つの方法をご紹介しましょう。

  • 感染源の除去(お母さんのお口を清潔に)

    感染源の除去お子さんの虫歯の原因が、お母さんにある場合があります。食べ物を口移しで与えたり、同じスプーンで食事したりすることで虫歯菌を移してしまうことがあるのです。そうした習慣をやめるとともに、お母さんのお口の中も清潔に保つようにしてください。

  • 抵抗力の強化(虫歯菌に強くなる)

    抵抗力を高める風邪やインフルエンザが抵抗力が弱っているときになりやすいのと同じように、虫歯もからだの抵抗力が弱っているときに感染しやすくなります。ですから、栄養のある食事の提供、適度な運動をさせることで、お子さんの体力や免疫力を高めてあげてください。

歯科医院で受けられる子どもの歯を強くする3つの方法

小児歯科

生活習慣によって虫歯菌に対する抵抗力を高めるとともに、歯科医院でしか行えない方法も取り入れてください。ここで3つの方法をご紹介します。

  • TBIという歯磨き指導

    歯磨き指導お子さんの歯を強くするために大切なのはTBIと呼ばれる歯磨き指導です。

    お子さんの歯の形や歯並びはとても複雑なので、上手に磨くためにはアドバイスが必要です。TBIでは、お子さんが毎日楽しく歯磨きできることを目標に指導を行っています。

  • シーラントで虫歯予防

    シーラント歯の溝には、食べかすが残りやすいので、虫歯の原因になりやすいです。それで、この溝にシーラントと呼ばれるプラスチック製の素材を流し込んで溝を埋めてしまいます。

    食べかすが残る原因をなくすことで虫歯になりにくくすることができます。

  • フッ素塗布で虫歯予防

    フッ素塗布歯科医院では、フッ素を直接歯に塗布することによって歯の抵抗力を高めるという方法を行っています。

    歯磨き粉に含まれているものよりも濃度の高いフッ素を塗布することで、大人の歯と同じくらいの虫歯への抵抗力が生まれます。

北上尾で小児歯科をお探しの方は当院へご相談ください

三郷で小児歯科

当院の小児歯科は、子どもの歯を守るという治療方針のもとに行われています。北上尾には多くのファミリーが住んでおり、当院にも毎日多くのお子さまが来院されます。上尾市で小児歯科をお探しの方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。