予防歯科・クリーニング

当院が考える予防歯科の「体制」と「方針」

予防歯科

予防歯科は、当院がとくに力を入れている診療のひとつです。最近は、虫歯を予防することに関する患者さまの意識向上がめざましく、それを全力でサポートすることが我々の役目と考えております。当院の予防歯科体制には、次の3つの特徴があります。

①北上尾地域トップクラスの歯科衛生士数

歯科衛生士歯科医院における予防処置は、主に歯科衛生士が行っています。歯科衛生士とは、歯科医師と同じく国家資格を持つプロフェッショナルです。専門学校や大学で、予防や歯周病治療に関することを重点的に学んでいます。

当院では、予防歯科目的の患者様が多いため(全体の60%以上)、予防のプロである歯科衛生士を、北上尾地域トップクラスの5人揃え、皆さまの予防処置を徹底しております。

②2種類の「スケーラー」を自在に使い分ける

スケーラー歯の表面についている歯垢や歯石を落とすときには、スケーラーという道具を使います。

この道具には、「超音波スケーラー」と「ハンドスケーラー」があります。最近は電動式の超音波スケーラーが主流となっていますが、

当院では2種類のスケーラーを使い分けています。というのも、これらにはそれぞれメリット・デメリットがあるからです。

  • 超音波スケーラー

    超音波スケーラー超音波の振動で歯石を削り落とす機械で、歯の表面の歯石を広範囲に短時間で取り除くことができます。しかし、細かい部分に取り残しがでてしまう可能性があります。

  • ハンドスケーラー

    ハンドスケーラー手動で歯石を取り除いていくスケーラーです。超音波スケーラーに比べると時間がかかりますが、歯と歯の間のように細かい部分に付着した歯石でもきれいに除去することが可能です。

歯医者さんは「痛くなくても」通えるところです

歯科定期検診

虫歯になっていない段階で定期的に歯科医院に通うことは、歯を失わないための大切な習慣です。大熊歯科医院では、歯のクリーニングだけでなく、食生活やストレス、お仕事が歯に与える影響など、患者さまの生活リズムによる虫歯のリスクを減らすための生活習慣改善アドバイスも行っています。

歯磨きだけでは虫歯や歯周病は完全に予防するのは難しいです!

歯磨きと虫歯と歯周病

子どものころから、毎日歯を磨くことの大切さを教わっている日本人にとって、歯磨きをきちんとしていれば虫歯や歯周病を防ぐことができると思いやすいものです。しかし、実は毎日歯を磨いていても、虫歯や歯周病を「完全に」予防することはできないのです。なぜかというと、バイオフィルムと呼ばれている歯の汚れを、毎日の歯磨きでは完全に取り除けないからです。

歯磨きだけで歯周病を予防することは難しい!?

私たちは、物心ついた頃から、毎日歯磨きをすることを親から教わっています。また、歯医者さんでも歯磨きの指導を受け、その重要性を教えられるかと思います。けれども実は、毎日きちんと歯磨きをするだけでは、虫歯や歯周病を完全に予防することはできないのです。これは、バイオフィルムと呼ばれる汚れを、毎日の歯磨きでは完全に除去することができないためなのです。

sample

バイオフィルムは台所の○○と同じ

バイオフィルムバイオフィルムが何なのかを簡単に説明すると、台所の三角コーナーに付着するヌメヌメのようなものと考えてください。

台所をきれいに掃除していても、数週間すると少しずつ三角コーナーにヌメヌメが溜まっていませんか?これと同じ現象がお口の中でも起きています。

歯に付着しているバイオフィルムは、やがて歯石に変化してしまいます。すると、歯ぐきに炎症をおこしたり、歯を溶かす虫歯を誘発したりしてしまうのです。

バイオフィルムを取り除くためにできること

バイオフィルム毎日の歯磨きでは完全に取り除けないバイオフィルムが、虫歯や歯周病を引き起こすので、定期的に歯科医院で専門的なクリーニングを行う必要があります。

歯科医院で、バイオフィルムや歯石を落とし、歯をリフレッシュさせることをメンテナンスと呼びます。

このメンテナンスは、2ヵ月から3ヵ月に1度の割合がベストです。定期的な習慣によって、虫歯や歯周病のリスクを激減させることが可能になります。

予防歯科は虫歯予防だけでなくホワイトニング効果も期待できる

予防歯科と葉の色

歯科医院で予防治療を受けることには、虫歯や歯周病になりにくくなるというメリットだけではありません。患者さまにはあまり知られていないことなのですが、予防治療を行うことによって、歯を白くきれいにすることができるのです。虫歯や歯周病の予防として行っている処置が、どうして歯を白くできるのでしょうか。それには、予防処置で行われていることが関係しています。

歯のクリーニングで着色汚れも除去

着色除去歯石は石のように固く、歯ブラシでは取り除けませんが、歯科医院で用いる専用の道具によってきれいにすることができます。

実は、歯石はタバコのヤニやコーヒーやワインなどの食品に含まれる着色成分によって黄色く汚れています。それをきれいに取り除くと、歯が持っている本来の白さをよみがえらせることができるのです。

定期的に歯科医院での予防処置を受けていると、虫歯や歯周病のリスクを減らすだけでなく、歯の白さを取り戻すこともできます。つまり、歯のメンテナンスは、一石二鳥の処置なのです。

北上尾で高水準の予防歯科処置をご希望の方はぜひご相談ください

予防歯科

当院の来院者の方々の60%以上はこの予防歯科を受診されている患者様です。特に虫歯がある、歯周病があるという方々ではなく、「将来の口腔トラブルを防ぎ、80歳まで20本の歯を保つため」に歯科検診および定期定期なクリーニングを受診していらっしゃいます。北上尾で予防歯科に力を入れている歯医者をお探しの方はぜひ大熊歯科医院までお越しください。