無痛治療

歯医者嫌いでも大丈夫!当院の痛みを抑えた虫歯治療

無痛治療

歯医者さんが嫌いという人のほとんどは、治療が痛い・怖いというイメージがあるからではないでしょうか。大熊歯科医院では、そうした歯医者嫌いの方に無痛治療をおすすめしています。これは、限りなく痛みを抑えた虫歯治療のことです。どうして痛みがほとんどないのか、その理由をご説明します。

大熊歯科医院式 「痛くない」をめざす4つのアプローチ

無痛治療

大熊歯科医院では、歯科治療の痛みを抑えるために、次の4つの無痛対策を行っています。無痛といっても、完全に痛みを無くすことはできませんが、これらの対策を行うことで思っていた以上に痛くない治療が可能になっています。

  • ①麻酔注射前の表面麻酔

    ①表面麻酔の使用歯科治療でまず訪れるのが麻酔注射の痛みです。歯ぐきに注射するので痛いと思われるかもしれませんが、注射を打つ部分にあらかじめ塗るタイプの麻酔を使っておくと、注射の痛みをほとんど感じなくなります。

  • ②超極細の注射針(33G)を使用

    ②最も細い注射針(33G)を使用注射針が太ければ太いほど、痛くなるのは当然のことです。そこで当院では、麻酔注射に使う針として市販されている中で最も細い33Gという注射針を使い、刺したときの痛みをおさえています。

  • ③電動麻酔器の使用

    ③麻酔液を温める麻酔液を注入する際のスピードが一定であるかも痛みに直結する要因です。電動麻酔器を使用すれば、一定のスピードで麻酔液を注入できるので強い圧力がかからず注入時の痛みを感じません。

  • ④麻酔注射のこだわり

    ④歯科用拡大鏡の使用針の刺し方によって、痛みの出方が変わることを知らない方も少なくありません。実は、針を刺すのではなく、皮膚を針に持ってくるという感覚で注射すると麻酔注射の痛みが大きくやわらぐのです。

北上尾で痛くない歯医者をお探しの方は大熊歯科へご相談下さい

痛くない歯医者

大熊歯科医院では、痛みを抑えた無痛治療を心がけています。思っていたよりも全然痛くなかったと感想を述べられる方も多いので、安心してお越しください。症状が軽い内に治療することは、無痛治療でもっとも重要なことなので、できるだけ早く受診されることをおすすめします。