むし歯になる4つの条件

投稿日:2020年3月23日

カテゴリ:スタッフブログ

皆さん✨こんにちは😆
歯科衛生士の松田です🍀

「毎日歯磨きしているのにどうして虫歯になってしまうの?😣💦」

虫歯は4つの要素が重なった時になります💦
「細菌」「歯質」に続き、前回は「糖質」についてお話させて頂きました🎵

虫歯になりやすい、なりにくい糖に注意する事も大切ですが
糖の摂取量にも注意が必要です💥
それに加えて摂取頻度が大きく関係してきます💦

今回は最後の条件の「時間」のお話です⌚

お口の中は、いつもは中性の環境ですが、お食事🍙🍞おやつ🍩🍰の度に
それに含まれる糖質がお口に入ってくると
糖を餌にしているミュータンス菌😈が歯を溶かす酸を作り始める為
酸性の環境に傾いてしまいます。

この時間は歯の表面が溶かされてしまう時間帯になってしまいます😫💦

通常は唾液の力で、20~30分かけて溶かされた歯の表面を修復し
酸性になってしまった環境をもとの中性の環境に戻してくれています✨
唾液の力ってスゴいですね😆

だらだら、ちょこちょこと好きな時に好きなだけ食べ続けていると
唾液の力が追い付かなくなってしまい、
結果、溶かされている酸性の時間を多く作ってしまう事で
溶かされ続けた歯は虫歯へと移行するリスクが高くなってしまいます😱💦

ですので、お口に食べ物が入っている時間の長さと多さは大きく影響してきますので
時間をしっかりと決めた食生活を心がける事が大切です‼️

また、よく噛んで食べる事で、唾液の働きを良くする事にも繋がります✨

もちろん、食後の歯みがきも忘れずに😊

虫歯の4つの要素、それぞれに対し、しっかりと対策をしていくことで
予防に繋げる事ができます✨

北上尾西口予防を中心にキッズクラブから入れ歯まで
丁寧で親しみやすい対応がモットーの街の歯医者さん「大熊島医院」