歯ぎしり くいしばり

投稿日:2021年11月11日

カテゴリ:スタッフブログ

皆さんこんにちは😊✨
アシスタントの畑野です!
朝晩の冷えこみが増してきましたね💦
温かいお鍋🍲が食卓に並ぶ日が多くなってきました☺️😋

本日は歯ぎしり、くいしばりについてお話させていただきます☝️

皆さんは歯ぎしりを経験した事がありますか?

実は日本人の70%の方が歯ぎしりを経験していて、多くの方が自覚していないそうです。

歯ぎしりによって、詰め物が欠けたりすり減ったり、更に強い力が歯に加わると歯が割れてしまったり、健康な歯でも揺れたりする事もあります。

歯ぎしりの中でも最も多いのが、「グラインディング」というものです。

これはギリギリと歯を擦り合わせる最も多い歯ぎしりです。
上下の歯を強く噛んだ状態で横に滑らせすり合わせる動きで歯に与えるダメージが最も多く、歯が削れて大きく歯がすり減って平らになる特徴があります。

次に「クレンチング」くいしばりです。

上下の歯をグッと強い力で噛み込み、寝ている時や昼間でも起こりますが音が出ないため自覚している方は殆どいません。

人は一日の中で食事や会話をすることで上下の歯を噛み合わせます。
実際のところ歯が噛み合っている時間はわずか5分から多くて20分程度と言われています。
普段無意識の時は上下の歯はくっていてはなく少し隙間があります。

くいしばりの症状がある方は、この噛み合っている時間が大幅に増え更に強い力が歯に加えられている事となります。

あまり自覚がないのが歯ぎしりですので、なかなかしないようにするのは難しいかもしれませんね。

次回は、ご自身でできるセルフチェックなどをお話させていただきます☝️

北上尾 西口 予防を中心に キッズクラブから入れ歯の相談まで
丁寧で親しみやすい応対がモットーの街の歯医者さん「大熊歯科医院」