歯ぎしりくいしばり 対処法

投稿日:2021年11月15日

カテゴリ:スタッフブログ

皆さんこんにちは😊☀️
アシスタントの畑野です。
もう今年も残り1ヶ月半💦
街はクリスマス🎅🎄モードで寒い夜にイルミネーションが輝いて綺麗ですね・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・

さて☝️
本日は先週に引き続き歯ぎしりくいしばりについてセルフチェックを行っていきましょう!

□歯ぎしりをしていると家族から言われたことがある

□上下の歯が噛み合うところが平らにすり減っている

□普通にしている状態で上下の歯がくっついている(通常は数ミリあいています)

□舌の横に凹み(歯に押し付けた跡)がある

□歯がヒビ割れたり欠けたことがある

□歯ぐきとの境目付近がえぐれたように削れている

皆さん何個あてはまりましたか?
1つでもあてはまる方は歯ぎしりくいしばりの可能性があります。

歯ぎしりは無意識にやっている可能性があるのでほとんどの方に自覚がありません。
原因がはっきりしないことも多く、対処法としてはあくまで歯の保護を目的とした治療が行われます。
例えば、就寝時に装着するナイトガードの製作です。
これを装着することで歯に加わる負担を軽減すると共に歯ぎしりの不快な音を防止することができます。

また各種保険を使って製作できるので気になる方は是非ご相談を☝️

北上尾西口 予防を中心に キッズクラブから入れ歯の相談まで
丁寧で親しみやすいがモットーの街の歯医者さん「大熊歯科医院」